読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Doggie Life

シェパードとの日々と発酵ライフについて書いてます( *´艸`)

私の理想の家とは

犬たちと一緒に暮らすための家づくり。

大型犬は股関節形成不全がどうしても気になる。

ノエルを迎えた時に、フローリングにコルクマットを敷き詰めた。

子犬はどうしても走るし、成長過程は大事。

その時に色々調べていたら、犬と暮らすには丈夫な家であること。

靴で暮らす生活を想像してみるといい、と書いてあった本。

お店はお客さんが靴で出入りするけど、簡単に傷んだりはしないよね。

それを家の中に置き換える。

靴で暮らせるくらい丈夫な家=犬と暮らすための丈夫な家。

今はマンション暮らし。

クレアは今のマンションに越してきてからは3代目。

ここに来ての初代はポメラニアンの老犬だった。

そして二代目、ゴールデン・レトリーバーのノエル。

ノエルはご飯を食べると横になって、壁に向かって前足をカキカキしていた(;^ω^)

これが、壁紙をどんどんはがしていってる。傷だらけ(笑)

それに壁に体をこすりつけて歩くこともある。

壁紙や土壁だと、もろい。

そこで、その本に書かれていたのは、犬の体高までの高さに木を使う。

木だと傷がついても、時間が経つとそれが味になる。

「柱の傷は一昨年の~~~」ではないが(笑)

体をこすりつけてもはがれてくることはない。

そして、犬が走っても滑らない床や洗い流せる床。

マンションではエントランスなどに使われている資材などが理想。

昔、飼っていたポメラニアンたちは夏になると玄関のコンクリートの上で

涼んでいた。

玄関の土間は広くとりたい。犬たち数頭がくつろげるくらいの広さ。

庭にはウッドデッキは当然なのだけど、玄関やウッドデッキは地面から

高さがある。そういう場所はすべて階段ではなくスロープにする。

足が悪くなる可能性もある階段の上り下り。

坂道でトレーニングすると筋力がつく、と教えてもらった。

大型犬が年をとって、動けなくなったら、抱えて階段は人間もつらい。

スロープだと台車に乗せて運ぶことも出来る。

なので、平屋が私の理想。バリアフリー

庭ではトイレをしても、水で流せるように、砂利を何層にも敷き詰める。

犬の走る場所はウッドチップも使う。

家の中も外も、犬の足のために気を使う。

先日、見学に行った木の家を見て、なおさら、私だったらこうする、

こうしたいが溢れてきた( *´艸`)

 

もっともっと色んなことが溢れてくるだろうな。

もっともっとたくさんの木の家も見てみたいな。

 

 

 

広告を非表示にする